2023年02月02日

梅は咲いたか

桜はまだかいな
328281154_5653585918101867_6312199369660550241_n.jpg
今年は梅が咲くの遅かったなーなんて思っていましたけれど、
よく考えたらここ5年くらいが咲くの早すぎで、
今年こそが暦通りと言った感じなのかな?とか。

それにしても我が家の梅の花は可愛い、綺麗、丈夫、良い香りがする・・・
これもし人間の女の子だったとしたらもうぞっこんだよね。
・・・はっ!紅天女・・・
posted by ジローシノハラ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年02月01日

シノハラ博士が開発したと言う

ギタリスト手袋。
あまりにも具合が良く、
気に入って日中ずーっと数日付けてたら


臭っ!


・・・びっくりしたー・・・剣道の小手かと思った・・・

代えにもう2〜3個作っておこう・・・
posted by ジローシノハラ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月26日

特許出願中(嘘)

昨今の光熱費高騰を受け、暖房起動を躊躇してしまうギタリストが増え、
おかげで手が悴む、お手てが冷たい、おててがちんちんしてギターが弾けないと言う
由々しき事態が発生していると言う情報が寄せられた。
そこで、登戸研究所松山開発室の天才科学者シノハラ博士が開発したものが以下
326936806_1532768813895534_4334914770901565611_n.jpg
「ギタリスト手袋」
さすがシノハラ博士!←
何やらネックがピカピカになると言う嬉しい機能付き!
まぁ百円ショップから買って来た手袋を、
弦の触れる部分だけ切り取ったって言うだけなんですけど、
思い付きでやった割には意外と良い塩梅な気もしてます。
posted by ジローシノハラ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月20日

不貞寝をしていても腹は減る

生きる、これだけの事がままならぬ。
なので以前、道の駅「風早の郷 風和里」で見かけて買ってみた以下を食す事とす。
323695630_499189999023551_6257709893773459693_n.jpg
感想として「再現度高し。」
伊予松山城下の戦後復興から、
高度経済成長期を共に歩んだ生粋の松山っ子の母もこれにはニッコリ。
鰹、醤油の向こう側に、ちゃんとニボシの風味も感じて美味し。
これに砂糖をひと匙加えると「アサヒ」風の出汁の鍋焼きが出来上がると言った寸法(パッケージの裏にもお好みで砂糖を加える旨記載あり)。
裏面記載通りに作れば、麺に若干のコシを感じる現代風に寄せた感じ。
母曰く「もっとくたくたに麺を茹でると尚良し」に同意するも、その辺りはお好みで。
諸君、お見かけの際はぜひ手に取って試すがよし。
なお、松山の鍋焼きうどん店は「ことり」と「アサヒ」が二大巨頭、
松山観光の際は是非足を向けていただきたく。

こういったお土産用ご当地麺、
パッケージの裏を見るに香川の会社が製造である事が多く見受けられるが、
過去の経験に照らし合わせても信頼度は高し。
流石うどん県、小麦の扱いはお手の物と言ったところか。
posted by ジローシノハラ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月16日

今年はヘビーな幕開けだなぁと

つくづく思いますです、はい。
posted by ジローシノハラ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月14日

今年はしょっぱなから

電気料金の明細見て腰が抜けたり、
ジェフ・ベック御大が亡くなられて切なくなって寝込んだり。
御大78歳だったとは、私も歳をとったものですなぁ、
しかし、まぁ、男は70過ぎたらもう何が有ってもびっくりはしませんかねぇ。
そう言えばなんかボビー・コールドウェル御大も昨年から病気で寝込んでるらしいですしね。はーぁ
・・・ブライアン・フェリーなんかは死ぬ死ぬ言いながら死ななそう。
それにしたってもうなんだ、不貞腐れちゃうね、シノハラさん。
もうね、不貞寝ですよ不貞寝。
あーあ、もうつまーんないって不貞寝で2023年を乗り切って行こうと思っています。
就寝こそが何よりものSDGsなレジャーじゃい(不貞腐れ)
もうね、グースカですよ、今年は、えぇ。その辺よろしく。
posted by ジローシノハラ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月28日

もう一生遊べるドン!

家の納屋を片付けていると、
ドンと鳴らせば小判がチャリンと裏から出てくると言う伝説の太鼓(今思いついた)を発見した。
321822935_2500044130163670_3101260543404883838_n_mouissyouasoberudonn.jpg
これでもう一生遊べるドン!

しかし案山子、何故こんなものが我が家にあるのか・・・
きっとご先祖様の誰かが太鼓の達人だったに違いない・・・
太鼓の達人・・・太鼓持ち?・・・幇間?
あー、だったら確実にその血は受け継がれてるでやんすなぁ!
はっ!もしかしたら自分は曽呂利新左衛門の子孫かもしれない。
posted by ジローシノハラ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月20日

大洲へ行くと

DSC_0158.JPG
福栄堂菓子舗「文楽もなか」は外せない。
「肱川ラーメン」豚骨風は、上品な豚骨ラーメンと言った感じで美味い。
九州豚骨のあの感じが苦手なんだよなーって人でも、コレは美味しく食べられますな。
大洲の玉井の刻み高菜漬けも良いお味で、ラーメンにトッピンしてもバッチグー。
ご飯に混ぜて握り飯にしてもバッチグー。
あまり何も考えずに、豚骨ラーメン買うんだったら高菜乗っけたいよなーと思い、
高菜漬けを手に、松山生まれ松山育ちの母に
大洲の玉井の漬物を買って来たと言ったら「でかした」と言っており、
曰く昔から有名な老舗らしいです。知らなかった。
大洲と言えば「志ぐれ」が有名ですし、私も好きなお菓子ですが、
美味しい物はまだまだたくさんありますな―。
posted by ジローシノハラ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月19日

寒いから

うどん食べたくなったので讃州へ
320209330_457597859893051_451968518606038405_n.jpg
「がもう」と
320433742_8392088434199294_2520590996912211947_n.jpg
「山内」へ。
この二店舗が、俺のかけうどんのジャスティス!

今年あともう一回、
讃岐うどん食べに行けたら行きたいなぁなんて思っていますが、
はてさて。

行った事のないお店にも行ってみたいななんて思っていますが、
年末最後の最後に「・・・好みに合わないなぁ・・・」なんてのもゲンが悪いし・・・
どうしよう、ぎんしよう、きんしよう・・・・グズグズグズ・・・
posted by ジローシノハラ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月08日

バスの車内でラーメンを

まだ私が幼子だった頃・・・
夜中に国道を走る一台の古ぼけたセダンのラジオからは
歌謡曲やAORが流れていた・・・
そんな父の運転する自動車の助手席に座る幼き日の私の目には、
流れる街灯の規則正しい灯りの合間々に時々見えた、店舗に改造されたバスが映る。
曇ったその窓の中の様子を覗き見る事はかなわなかったが、
その窓を覆い隠す水滴や、蛍光灯の安っぽい明りが何となく暖かで、
ぶら下がる赤ちょうちんやら、手書きの「おでん」「ラーメン」「酒」の文字。
父に「行ってみたし」と強請るも「ああいう店は大人になって一人で行くべし」
と言われ、それから大人になったはいい物の、
あんなバスを店舗に改造した店などすっかり姿を消してしまった、
そんなセンチメンタル昭和ノスタルジー・・・

って思って調べたらまだあった、徳島に。

そんなこんなで行ってみるべいと、行ってきますた
徳島県阿波市吉野町は「中華そば 朝日軒 太閤6号」
313418971_5493366820760344_8892032809441033068_n.jpg
多分もう愛媛県には無いんだよなぁこんな店。
調べてみるに、もともとは屋台チェーンから始まったお店のようで、
成程千駄ヶ谷のホープ軒なんかも出発はそれで、
しばらくして店建てたってのが有りますから、
ここはそれがバスを使ってお店始めましたって事なのですな。
つまり、このお店では正調徳島屋台ラーメンが味わえると言う事ですな。
315055376_5493868120710214_1736549587380429582_n.jpg
刮目して見よ、これが正調徳島屋台ラーメン(中華そば肉玉入)である。
聞くに徳島にはかつて大手ハム工場があったらしく、
そこから出る豚骨が安く手に入った事が今謳われる徳島ラーメンの起源と言う。
その味わいたるや豚骨と鶏ガラ?醤油の日常使いに嬉しい、
毎日食べて美味しい系ラーメン。
「いのたに」とかに近い味わいで、非常に私好みで美味しかったです。
愛媛からだとあっちよりこっちのほうが近くていいなぁ。

美味しかったので「大盛り頼めばよかった・・・」
なんて思いながらメニューを見てると
「クリームソーダ」なる文字が・・・
314901565_5493868727376820_6322062651441414622_n.jpg
あまねく昭和スイーツにおいて、これ以上愛らしいビジュアルがあるか、いや、ない。
このアイスクリームと氷が接する所がたまんないんだよね・・・(伝われ)

と、そんなこんなで幼き日の夢をまた一つ叶え、
ラーメンとクリームソーダなんて取り合わせ、
昔の百貨店の上階のレストラン(食券)以来だよぅなんてハフハフ独り言しながら
好物であるところの「かつ天」買って帰ろうとルンルン気分で道の駅に寄ったらば、
以前置いていたのに今日は置いてなくってシノハラさん泣いちゃった・・・
その涙はハイウェイの風に乗り、吉野川に流れゆく小さな一粒の露と消え、阿波徳島のことも夢のまた夢

とまぁ、シノハラさん秋の行楽の一幕。
皆様も試してみないか徳島屋台ラーメンとクリームソーダを。
posted by ジローシノハラ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記