2019年02月18日

道後土産

松山銘菓タルト、坊ちゃん団子、玉泉堂、砥部焼、
伊予がすり、今治タオル他民芸品、柑橘フルーツにその加工品、
じゃこ天その他魚介加工品、予州地酒等々枚挙に暇がありませんよね。
そんな中、例えば学校や会社の部署にばら撒く用に
お手軽お安い賞味期限も長めで差し障り無い、
質より量的なお土産を求め、結果おざなりな物を手にしてしまい、
なんだか気まずい夕暮れオフィス・・・なーんてことありません?
そんな貴方に、シノハラさん個人的オススメ。
52592649_2058162274280833_5808209472677478400_n.jpg
松山の老舗、中野本舗「薄墨羊羹(ウスズミヨウカン」の

「ウスズミキューブ」(裏声

まぁ羊羹なんですけれど、
餡子苦手な人でもきっと美味しく召し上がる事の出来るフレーバーもあり、
シノハラさん今日これのキャラメル味食べたんですけれど、
コーヒー、紅茶のお供に良しと思いました。
老舗の羊羹なので味わいは折り紙付き。
あと、価格もお安い、一つの包装に数もあるので、
ランチ後のデザートにみんなで摘むなんて事も出来るから良いかもー、
本当に一口の試食サイズなので試しやすいし重くない。
気軽に「どうぞー」って言えるし言われたほうも手を出しやすい。
・・・これを切っ掛けに気になるあの人に声かけてみちゃお!←?
あのースニッカーズというか
カロリーメイトみたなと言うか
ヨーカンバーと言って良いのかどうか、まぁ、アレは
虎屋やNIKONにもありますし、シノハラさんもよく買い求めます。
当然薄墨羊羹のスニッカーズタイプの物もあるのですが、
手軽な「バラマキお土産」としては
こっちの方が気が利いてるしお洒落と思いました。


松山銘菓タルト普及委員会高縄支部長シノハラさん(嘘)としては
もっとタルトを関門海峡、瀬戸内海、大井川、箱根、津軽海峡
ひいては四海のあっち側に持っていって欲しいのですけどね、
いつか、松山銘菓タルトをポルトガルに里帰りさせたいものです。
インド洋を渡り喜望峰を越え、目指せリスボン、レッツゴータルト。
posted by ジローシノハラ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月14日

シノハラさんは前厄

厄年は何か長寿延命縁起を担いで
「長い物(ネクタイとかベルトとか・・・」
を贈ったり贈られたりが善しと聞きますが、
てやんでい、そんな小洒落た物おいらにゃ必要ねーよ
と言った感じですので、うどんを手繰りに出かける。長いし(縁起は担ぎたい
51760253_2049307281832999_7122210349876510720_n.jpg

51978435_2049307241833003_8424814183463256064_n.jpg
11号線走らば立ち寄ってしまう「がもう」相変わらず文句なしに美味うござる

52461583_2049418415155219_501488649293004800_n.jpg

52087541_2049418448488549_6275472309272707072_n.jpg
初訪「上田製麺所」
この季節「しっぽくうどん」という物を
季節限定で提供する店も多いと聞き訪れてみました。
注文の際、お店の方がでかい鍋を開け、
うどんに具と汁をどっばーかけて下さるのですが、
「うはー、お肉と野菜たっぷり入れてくれはってるー・・・あ、もういっちょいきます!?いっちゃう?!うはー・・・」
と言った具合に、嬉しくなる気持ちのよい盛りっぷりのお店です。
お味も、肉と野菜がしみしみのほろほろに柔らかく美味しかったです。
味付けは「・・・何かこの味どっかで食べたな??」って記憶を辿っていたら、
この味付けは松山「アサヒ」の鍋焼きうどんに近いものがあり、
この「しっぽくうどん」とは成程鍋焼きを手繰っている気分に近いと思いました。
うどん自体も系統で言えば「がもう」系で中太ムチムチで好きですね。
もしこの季節、遠くから讃岐うどん手繰りに来るのであれば、
この店は是非訪れるべきと思います。
posted by ジローシノハラ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月12日

51818488_2042510539179340_5155707037362946048_o.jpg
posted by ジローシノハラ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月21日

オンボロロー

50060709_2016404141789980_4189559164944515072_n.jpg
ベルトコワレチャッタヨソワカー

これは横浜住んでいた頃に、
駅前のジーンズショップで買ったものなので・・・
かれこれ23年・・・ワーオ

なんてか、共に青春時代を歩んできた物は無下に出来ないので
修理して使い続ける事にしましたので(これを貧乏性と言う
50739336_2016404458456615_6337957318856015872_n.jpg
修理完了。切り口処理何とかしろよって話ですけど、見えない部分だし、
使いつつ繊維が落ち着いてきたら磨きます、はい。

しかしアレですね、
手芸屋さんに行って金具見てて、やっぱりそそられちゃいますよね、

「男のレザークラフト」

お財布とかキーケース・・・
果てはハードレザーアーマーとか・・・
お裁縫は大の苦手ですけれど。
しかしかかし、手を出さない理由の一つは、
「絶対彫金と鍛金もやりたくなるよね」って話でして。
時間と予算の事を考えると、そっちに割くリソースはないなー
って思いとどまっています。
あ、でも、今度鉈とかが刃まくれ起こした時の為に
金床は買う予定。
・・・そして気が付くとその横には炉とふいごが!
・・・なんて事にはならないよう気をつけます、はい。
・・・でも、納屋にそれくらいのスペースはあるんですよね・・・
ちゃんとね、地面も古い土間でね、破裂しないだろうからね、
空間としてはおあつらえ向きなんですよね・・・(よせよせ
しかしそうなると今度は燃料代の話しなんかも出てくるから・・・
あーやっぱムリムリ
posted by ジローシノハラ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月18日

うどんチェーン店が

どうのこうのと小耳に挟みますが、
昔、渋谷に「将八うどん」と言う讃岐うどんの店がありましてな・・・
その道路を挟んで向かい側に今も「はなまるうどん」がありまして、
思えばあそこに「はなまるうどん」が開店してから、
一気に沢山の人に知られるようになった気がしますから、
やっぱり「はなまるうどん」は偉大だなと思う次第。

で、今は渋谷にはもうない「将八うどん」ですが、
シノハラさんは当時そこで、
あのバッキバキのブルンブルンのざるうどんをよく手繰っていました。
あと、国連大学の隣のビル?
あの、郵便局やマクドとかある所の地下にも、
小さな個人で経営していらっしゃるような讃岐うどんのお店があって・・・
今はもうないのかな?そこでもよくかけうどんを手繰っていました。
「讃岐うどん」の言葉は一つでも、やはり個性があってそれぞれ良い物ですから、
機会があれば皆さんも香川に立ち寄って食べ比べてみると良いです。
ん?愛媛は松山?「鍋焼きうどん」これで決まり!
個人的に今治市「松製麺所」も試してみてもらいたい。
「讃岐うどん」と昔ながらの愛媛のうどんの
上手い具合に合いの子といった感じで、
シノハラさんも好きで度々利用させてもらっています。

あの頃からしてみれば「讃岐うどん」と言う言葉が世にこれだけ浸透するとは
夢にも思いませんでしたが、まぁうどん一つ取っても
手繰れば手繰るほど美味さ謎めく世界に引き込まれるといった具合なのですな。
手軽で安いし、うどんは良い物です。
posted by ジローシノハラ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月11日

別の畑の芋を掘る

49673931_2001735193256875_38210833678860288_o.jpg
家は焼け、畑はコルホーズ・・・(愛国戦隊大日本
シベリアの凍った土は手指を切り裂く・・・ダモイ・・・ダモイの日はまだか・・・
とか、頭の中でそんな独り芝居しながら(バチあたり
四国の暖かくて柔らかいふかふかの土をほじくり返すの楽しいです。
50022262_2001649649932096_9095961149119135744_o.jpg
ぽつぽつと
posted by ジローシノハラ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月10日

芋を掘る私

49783430_2000184376745290_7363838174793039872_o.jpg
油であげて塩したる



以下時事ネタ
Z○Z○T○WNのシャチョさんが何かアレコレ言われていますが、
彼がSNSやなんかで本音か冗談かは置いといて普段から
「銭や銭や!みなさん銭儲けてまっか〜!」
「洋服、あんじょう買うってってくださいよ〜!」
「ガハハ!世の中銭やど!(親指と人差し指くっつけながら」
とか発言している人なら、
今回の件とか「やぁ、またシャチョさん面白いことをしているなぁ、愉快愉快」
とかそんな感じだったのかなーなんて思いました、どうでもいいことですけど。
まぁ、彼がどうとかは置いといて、
最近そんな突き抜けた感じにテンプレアヴェニューな
名物社長的な人と言ったら誰でしょう?
うーん、思い浮かばない、堺商人(勝手なイメージ)きばりんしゃい。
posted by ジローシノハラ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月27日

梅咲いた

48422266_1976799639083764_5872219350269689856_n.jpg
うちとこの梅ですが、どうも上へ上へ伸びる癖があるようで、
個人的に横へ横へ伸びて行ってもらいたいので、
先日真ん中の方から上向きの枝をさっぱり切ったのですが、
なんか更に上へ上へと伸び出して、そんなに空に触れたいか。
まぁ、そんならそれでべつにいいけどな。
わんぱくでもいい、たくましくそだってほしい。

もし、シノハラさんが死んだら
この梅の木の下に埋めてもらいたいよね(もちろん焼いてね
枝にはシノハラさんのG-SHOCKを巻き付けてほしい。
それが俺のー死に場所ぉーおのぉーめぇーじぃーるしぃーさぁー(ハーロック
そして、ジローは梅酒になるの!きっとおいしいぞー。
たぶん剣菱、石鎚、ブランデーやらスコッチの風味もするに違いない。
桜の木の下には死体が埋まっている事は御周知の通りですが、
梅の木の下にはシノハラさんが埋まっています。
そして、初夏の頃、梅の実を漬けられ、美味しい梅酒になるのです。
嗚呼、本当の私に帰って行きます。
私は梅100%、予州梅酒「ジロー」(二階堂風に語る)
これを松山名物として売り出そう、そうしよう。
能書きはこう
「むかしむかし、いずれの帝の御代であったか、
予州にジローシノハラと言う翁あらん。
朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上潰した。
花の下にて春死んだ翁は、愛した梅の木の根元に埋められ
それからというもの、その梅の木は花開けば
酒の香りを東風に乗せ漂う不思議な梅の木として代々伝わる云々」と
何かそんな感じにでっち上げてくださいよ、誰か。
posted by ジローシノハラ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月21日

からあげのこと

取引?している人とちょうどお昼に会う用事があり、
じゃあ一緒にランチでもとなり、
地元の方なのでお店はお任せして連れて行ってもらいました。
そこのランチで出て来た「からあげ」の事なのですが、
今まで自分が「うまいうまい」って食べていたのは
所謂「塩+ニンニク+スパイス」的な「ビールによく合うからあげ」であり、
自分で作るからあげもそれに倣ったものですが、
そのお店は「醤油+ニンニク」と言った感じで、
「ご飯」によく合うからあげで美味しかったです。
40年生きていて、からあげひとつとっても勉強になる。
しかしアレは何だろうな、醤油は醤油でもちょっとコクがあって、
醤油のトゲはまるきり無くって、ニンニクのパンチが効いてご飯が進みましたね。
何かこうひと手間あるんだろうなー。
生姜感はあんまりしなかったなぁ・・・研究してみよう。
posted by ジローシノハラ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月18日

アップルジャムを美味しく作る

たったひとつの冴えたやりかた、それは
「はーい☆みなさんごきげんよう!わたし、小さなアーミッシュの村で暮らしている、三つ編みお下げの可愛い美少女ジロー・アップルシード・シノハラ!きょうは、これから来るさむーい冬に備えて、とびっきりのアップルジャムを作るの!」
とブツブツ呟きながら作る事、これが決め手!
この冬はブランデー入り(この辺が俗物)ロシアンティーで乗り切るぞい。
46291080_1925121960918199_4084590748345827328_o.jpg
posted by ジローシノハラ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記