2010年10月01日

(´・ω・)y―~

あ、どうも、紫煙に包まれながらコンバンハ。ジローシノハラです。

えぇ、シノハラさん
値上がりしても煙草を止める気は今の所無いです、一応
とは言え、これからはお財布事情を考慮しつつ、
喫煙減は避けられないとは思いますけれど。

まぁ、もともと嗜好品ですし、
世の流れは禁煙思考ですからね。
喫煙マナーの悪い人が沢山居て、
多くの方達から、まさに煙たがられている事も
重々承知の助ですから。

まぁ、でもあれです。
喫煙者がマイノリティになりつつあるから、
環境や健康を理由にバッシングし易いからといった理由で
安易に嗜好品値上げや禁止処置に踏み切るのもどうかとは思いますけどね。
これは煙草に限らない話だと言うのは皆さんも理解出来るとは思いますが、
結局南極措置が安易なんですよねー。

(・ω・)「金が無いなー」

(゜∀゜)「税金上げよう!」

(・ω・)「でも、何から税金取る?」

(゜∀゜)「煙草からだったら皆も黙っているでしょ!」

ヽ(´∀`)メ(´∀`)ノ「そうしようそうしよう」

とか、会議は踊る
偉い人達が雁首そろえて出す結論が増税とか値上げとか・・・

お前董卓か!?バカヤロコノヤロ

学の無い我輩でも思いつくような事を恭しくやっている滑稽さです。
まぁ、こんな事を黙認し続けていると
いつかトンでもない物にまで課税、増税される事になると思っています。
そうした時に潤うのはアウトローな方達なのは歴史が証明していますね、
禁酒法時代のアル・カポn・・・うわ何をするやめくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」

つーか、今まさにこの空の下、
どこかで誰かが作っているんだろうなぁ・・・違法煙草・・・

で、今回の煙草値上がりですが、
値上がりした分のお金の行方はどうなっているんだろう?
ちゃんと煙草を作ってくれている人達や、
健康を害された方達へ届いているのですかね?
誰かの遊興費に消えるんじゃぁたまったものではないですが・・・

まぁ、シノハラさんも体とマナーに気をつけつつ
喫煙を楽しみたいと思っています。

ところで、
ジローシノハラさんのグレートグランマ(母方)は
その昔、女だてらにかなりやり手な人だったらしいです。

ジローシノハラさんは、儚げで優しい姿しか知りませんが。
てゆーか長生きしたよな、あの人も。

話を戻して、
母の思い出話のひとつとしてグレートグランマは
煙管で煙草を喫していて、煙草盆を

「カンッ!」

と、カッコ良い音で鳴かしていたそうです。

・・・そろそろ我輩も煙管に挑戦する時が来たか!?(゜ω゜)=3フンフン
posted by ジローシノハラ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記