2011年12月28日

ペロッ・・・これは!

狸の足跡!
111227-133852.jpg
人生に迷い、新しい時計何買おうか迷い、道にも迷う
しょぼくれたオッサン、ジローシノハラですコンバンハ(´・ω・)ノシ
ジローパパさんの仕事の手伝いで石鎚山系の山の峰の何処か?に来ています。
111227-125753.jpg
川が綺麗すぎる・・・。
なーんて、町暮らししか経験した事の無いジローシノハラさんは
そんなのんきな事ぐらいしか思い浮かびませんが、
やっぱりこんな山深い所にも、人は暮らしていらっしゃるんですね・・・。
111227-133925.jpg
遠い遠い昔の誰かが狭い山を切り開き、居を構え、
山奥での暮らしは、町に比べ不便と言えば不便なのかもしれませんが、
それを受け継いで暮らす事、そこには歴史と言う絆があるのだと思います。

山で暮らす、島で暮らす・・・
部外者である自分は、たまたま訪れた場所を「綺麗だな」で括ってしまいがちですが、
山奥に暮らす人々は春夏秋冬の厳しい一面とも向き合い、また、その恵みを受けつつ
何百年、何千年とその先祖との土地を守って暮らしてきたんですねぇ。
自分の想像もつかない暮らしを、沢山の知らない人が営んでいる・・・
そう思うと、ドキドキするような、寂しいような、何とも言い難い気持ちになりますね。
111227-125839.jpg
そして、360度見渡すかぎり切り立った山の中でも
道路を敷き、橋を架け、トンネルを掘り、電線を廻らせた先人の勇気と努力と叡智。
もしかしたら、我々はそれらの恩恵を享受しているばかりで受け継ぎ損ねたのかもしれない。
山奥の人達とは違って、歴史と言う絆を疎かにしてしまったのかも知れない。
しかし、我々もまた、此処から何か新しい道を開拓していかなければならないのかもしれない。
そう、国家とはすべからく人々の手で作り上げてきた物なのだ!!!




と、(迷子になった)山奥から、
ジローシノハラさんは国家の行く末を見た・・・!(いちいち大げさだなぁ









(`・ω・) ・・・と、吾輩、気持ちも新たに七生報国の決意を此処に宣言す!



(´□ω□) 仕事は?



(ゝω・)ゞ イッケネー☆






ヽ(#□ω□)ノ┌┛)`ν゜)・;'. ゴメンナサーイ!

posted by ジローシノハラ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記