2018年12月27日

梅咲いた

48422266_1976799639083764_5872219350269689856_n.jpg
うちとこの梅ですが、どうも上へ上へ伸びる癖があるようで、
個人的に横へ横へ伸びて行ってもらいたいので、
先日真ん中の方から上向きの枝をさっぱり切ったのですが、
なんか更に上へ上へと伸び出して、そんなに空に触れたいか。
まぁ、そんならそれでべつにいいけどな。
わんぱくでもいい、たくましくそだってほしい。

もし、シノハラさんが死んだら
この梅の木の下に埋めてもらいたいよね(もちろん焼いてね
枝にはシノハラさんのG-SHOCKを巻き付けてほしい。
それが俺のー死に場所ぉーおのぉーめぇーじぃーるしぃーさぁー(ハーロック
そして、ジローは梅酒になるの!きっとおいしいぞー。
たぶん剣菱、石鎚、ブランデーやらスコッチの風味もするに違いない。
桜の木の下には死体が埋まっている事は御周知の通りですが、
梅の木の下にはシノハラさんが埋まっています。
そして、初夏の頃、梅の実を漬けられ、美味しい梅酒になるのです。
嗚呼、本当の私に帰って行きます。
私は梅100%、予州梅酒「ジロー」(二階堂風に語る)
これを松山名物として売り出そう、そうしよう。
能書きはこう
「むかしむかし、いずれの帝の御代であったか、
予州にジローシノハラと言う翁あらん。
朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上潰した。
花の下にて春死んだ翁は、愛した梅の木の根元に埋められ
それからというもの、その梅の木は花開けば
酒の香りを東風に乗せ漂う不思議な梅の木として代々伝わる云々」と
何かそんな感じにでっち上げてくださいよ、誰か。
posted by ジローシノハラ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記