2018年05月17日

エレキギターとか他音楽のアレやコレヤ

ギブソン社が破産とか、すごいなー時代の流れって。
ラジオスターの悲劇って感じですかね、
ビデオスターはアレか、ユーチューバーに殺されるのか。
長生きすると色々あるな。

エレキギター楽しいけどね、
エレキギター以外にも楽しい事いっぱいあるから、
エレキギター弾きなよとは言えないけどね、
お金もかかるし・・・とは言え、
今相当楽器安いですけどね。

アレかな、やっぱしり込みとかもあるのかな?
初めて楽器屋さん行った時とかすごいドキドキしたもんな。
あとあれだな、自身の経験だけですが、
やっぱり他人から下手糞とか言われたりするのちょっと嫌だもんね、
ほっといてちょーだいって感じですしね。
でもそんな事ばっかりを言う人で、
今も業界に居る人を自分は知らないですけどね。
方や弾けば「下手糞」と言われ、方や弾けば「気取りやがって」と言われ、
それでもやり続けた・・・、改めて書いてて思ったんですけど
そこまでして何で楽器や音楽続けてんだろう?
ドM?あ、それは間違いないです(ぉぃ

個人的にギターとか上手い人って、なんていうか
「他人をその気にさせる」と言うか、その人のプレイを見て
「ぼくちゃんもあんなふうに弾ける様になりたい!」とか
「は、早くお家帰って自分のギター弾きたい!」とか
「あんな曲かけるようになりたい!」とか
そう思わせてくれる、いい影響をあたえてくれる、
憧れちゃう人達だったかなぁ。
まぁ、そういった意味でいい時代に良い出会いが沢山あった
自分は幸運だったのかもしれない。

あと、最近の曲の良い悪いは別として
編曲が壮大だったり複雑だったり、敷居が高そうに聞こえる事も
ひとつ「自分にも出来る!やってみたい!」
って思いを阻害させてるのかなともちょっと思ったり。
いいんすよ、パワーコードで、エレキギターは特に。
なんなら1コードでも成立させられますよ、あんなもん。あんなもんて。
ツイッターとかでメッセージインナボトルも手軽で良いですが、
はじける若さと澱む苦悩はパワーコードで発散ですよあんなもん。あんなもんて。
昔、編曲とか意識し始めた頃、ストリングスセクションとかもう憧れまくったものですが、
最近はPCでお手軽に導入できて、
なんかもう詩とか曲調とか関係なしに過剰に壮大なものも
少なくは無いですよね。それでもパッと聴きすごそうに聞こえるから
やっぱり編曲家はソレをやめられなかったり。
こけおどしになっちゃってんすね、オーケストラ的なアレンジが。
ソレもちょっと酷い言い方ですが・・・まぁ、そんな感じですよね。
一昔前の音圧問題の議論にも似ている気はしますね。
昔ある人から
「編曲は流石に悪くないけど、シンガーソングライターならアコギ一本でも聴ける物作れ」
って言われて、それは心に今でも留めています。あ、でも
「メロディと詩はけっこう良いけど編曲が駄目」
とも何度となく言われた事あります。要するに私は何をやっても駄目!!
そして目覚めるドMの血!(ぉ
ただ、そのおかげかなんかつぶしが利く、何でもそれらしーく仕上げられる
インチキ無能ながらのゼネラリストが出来上がったのは・・・
良かったのか悪かったのか・・・最近はそんな自分がちょっと嫌ですが、
アイデンティティー絶賛崩壊中ですが・・・
お酒飲んだらそんな事は忘れるのでお酒はいいよね。

今ふと思い出したのですが、
私の好きなバンドで「The Police」って言う3ピースのイギリスのバンドがありまして、
あれのどれかのCDの解説かなんかで、
「当時(70年代)、ポピュラーミュージックはどんどん技巧化、複雑化して敷居が高くなり、
演奏家も競争激化の末なり手が減って行った所、その全てを否定するかの様な
パンクムーブメントが起きて皮肉にも業界が持ち直した。」
・・・とかなんとかそんな事を書いてあった記憶がありまして、
な、所詮音楽なんか虚業だし、高尚なつらしていけだかに音楽語ってる奴なんて
ぽぽいのぽいですよ、はなもちならねー。
それでも人の一生を左右するくらい感動したりもするし、
自分で自分を納得させるくらいの物を、
受けた感動と同等を一生のうちに一つは作ってみたいものですから、
やっぱ自分はやめらんないし、一生のテーマでもあるなぁ。

まぁ、ギターの何が良いかって伴奏しながら歌えて、
鍵盤と違って持ち運べるってトコもありますし、
楽しいからやっぱりギターをやってみると良いよ。
特にエレキギターは独りで弾いていてもわりと楽しめます、
流石にベースは一人でやってると寂しいですが、
PCのドラムに合わせたいですが。
posted by ジローシノハラ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183249284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック