2019年01月18日

うどんチェーン店が

どうのこうのと小耳に挟みますが、
昔、渋谷に「将八うどん」と言う讃岐うどんの店がありましてな・・・
その道路を挟んで向かい側に今も「はなまるうどん」がありまして、
思えばあそこに「はなまるうどん」が開店してから、
一気に沢山の人に知られるようになった気がしますから、
やっぱり「はなまるうどん」は偉大だなと思う次第。

で、今は渋谷にはもうない「将八うどん」ですが、
シノハラさんは当時そこで、
あのバッキバキのブルンブルンのざるうどんをよく手繰っていました。
あと、国連大学の隣のビル?
あの、郵便局やマクドとかある所の地下にも、
小さな個人で経営していらっしゃるような讃岐うどんのお店があって・・・
今はもうないのかな?そこでもよくかけうどんを手繰っていました。
「讃岐うどん」の言葉は一つでも、やはり個性があってそれぞれ良い物ですから、
機会があれば皆さんも香川に立ち寄って食べ比べてみると良いです。
ん?愛媛は松山?「鍋焼きうどん」これで決まり!
個人的に今治市「松製麺所」も試してみてもらいたい。
「讃岐うどん」と昔ながらの愛媛のうどんの
上手い具合に合いの子といった感じで、
シノハラさんも好きで度々利用させてもらっています。

あの頃からしてみれば「讃岐うどん」と言う言葉が世にこれだけ浸透するとは
夢にも思いませんでしたが、まぁうどん一つ取っても
手繰れば手繰るほど美味さ謎めく世界に引き込まれるといった具合なのですな。
手軽で安いし、うどんは良い物です。
posted by ジローシノハラ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185401354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック