2019年07月22日

何年ぶりかーって具合に

「ファミ通」買う。
13年ぶりに餅月あんこ先生の漫画掲載という事で。
67250020_2297181457045579_2371669164050874368_n (1).jpg
シノハラさん横浜市港北区住んでた頃、
通りがけの新宿アルタ前の広場で何かイベントやってて
そこにパネラーみたいな感じで
餅月先生がちょこんと座ってらしたのを記憶しています。
そう言えばサンタコス的なお召し物だった記憶が・・・(ちと曖昧
それももう20年以上前のことなんですよ、すごいね。
20年前、この記事ご覧の皆さん何やってました?
みなさんも、そんなご自身の過去を振り返りつつ、
「ドラネコシアター」を買って読んでみるのも楽しいかもしれません、
当時のゲーム時事ネタや空気感なんてのが
ありありと蘇りますよ。


しかしこのファミ通読んで思うに、
シノハラさんもコンシューマのお仕事したいです。
嘘です、ごめんなさい、もういっぱいいっぱいです。
今は、これが精一杯←言いたいだけ
コンシューマと言えば、
シノハラさん昔セガの面接受けましたよ、落ちたけど。
サウンドデザイナー枠応募だったにもかかわらず、
「ゲームギアとかあったし、SEGAケータイつくろうず」とか
言ってたから落ちたんだろうな!当時SEGAもそんな体力無かった様子ですしね。
でも、面接楽しかったし良き思い出だしGoodMorningラーメンショップだし。
不採用になったらあんまりそういった話題としてSEGAについて口をつぐみそうですが、
なんだかんだといまでもSEGA好きですから。
まぁ、その後の出来事、タイミング、人間関係を照らし合わせたりすると、
結果として不採用でよかったんだろうなとも思っています。

そして、ファミ通久しぶりに読んでて、
シノハラさんも据え置きゲー欲しいなーとか思っています、
思っているだけで、多分文鎮にしかならないこともわかっているんです、
シノハラさん、ゲームはここ10年近くSKYRIM以外ほとんどやってない。
ってか10年近く遊べるスカイリムって何だよって感じですよね、
まぁ、ほとんどCK使って街MOD作ってその中を散歩してるだけなんですけど。
今はニンテンドースイッチでも出来る「SKYRIM」
MOD無くてもそこそこ楽しい、国産ファンタジーには無い冷たい「鉄」感!
感じる!あの体に入ってくる冷たい刃の感触!(ナイフで誤ってよく指切る)
「リベット」感!太い!臭う!ほとばしる筋肉と汗と血!(装備を誤ると本当に悲惨)
NPCが厳つい、不細工、汚いというのもまた良い。
やっぱ鉄!筋肉!汗!血!ですよ。
しかしそれを求めると行き着く先はリアルな山の生活!
体内に入れるとやばい物、やばくない物を真剣に嗅ぎ分け、
自分のステータスとスキルに嫌でも向き合わなければならない!
クリーチャーとのリアルな命の駆け引き!
ゲームの世界以上に感じる恐ろしきオカルト!闇!そして歴史!
男として生を受けたのならば、死ぬまでに一つは編み出したい必殺技!
取り返しの付かぬゲームオーバー、即ち今その目の前にある死!
ってなっちゃうあたりがどうにもこうにも・・・
まぁ、SKYRIMで書を捨て野に飛び出す一助に(ならない
posted by ジローシノハラ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186313549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック