2012年10月03日

お城下の

大きめの本屋さんに本を買いに行って、
ついでにコミックで何か面白いのないかなと見ていたのですが
P1070889.jpg
「ぼおるぺん古事記」
古事記を漫画にした物は数ありますが、
その中でもコレは特に面白いと思いますので
興味のある方は是非。

古事記と日本書紀は我々のルーツですからね、
概要だけでも知っておくと何かと捗ります。
とは言え、あまり悲壮かつ真剣に読んでも疲れますし、
そういう読み物でもない気はするので。


(*´∀`)古事記ってワケワカランけど色々キャラが居て面白いな←普通の認識

(`・ω・)あの神社の縁起は古事記の此処にあったのか!←是非、将来史学の道へ

( ;∀;)イザナキとイザナミの別れに全俺が泣いた!←ココまで来るとちょっと異常


上記2段辺りの認識に納めておいたほうが、世渡りも楽です。
最終段辺りの認識の人は気持ちはわかるがまぁ落ち着け。
あまり傾倒しすぎて日常会話に引用を用いたりするとカルト扱いされるど。
記憶に新しいのでは「神の国」発言なんかしちゃって、ブンヤにフルボッコとか。
ただ、古事記の概要を知っていると
それも含蓄のある冗談程度に笑って流せるんですけどね。

とまぁ、ゴチャゴチャ言っていますけれど、
こうの史代著「ぼおるぺん古事記」
面白かったのでお手に取ってみてはいかがでせうか。

・・・

個人的に「吾妻ひでお」が古事記を書くと、
これまた面白そうな気がします。


そして、高尚そうな話をしているつもりでも、
シノハラさんが考えている事は「本屋の店員さん可愛かったな///」とか
そんな事ばっかりです(俗物
posted by ジローシノハラ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58721864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック