2012年10月29日

わだーいどくーせんー♪

にんーきどくーせんー♪
明治時代のチャーミングレディー♪
ハイ♪ハイ♪ハイ♪
ohanahanngatooru_3.png
「おはなはん」が通る♪

はい、大洲行ってきまひた。
前から「大洲城」見に行かねばとか言いつつ、
「近いからいつでも行けるでしょ」とか思って
せっかく四国帰って来たのに3年も放置していました。
念願の大洲城です、うわーいヽ(´ー`)ノ
69701_343957519034659_135019853_n.jpg
近代城郭としては、藤堂高虎公が整えたお城です。
長い間、天守閣は解体されていたのですが、
2004年に当時と変わらぬ工法、材質で復元された天守閣です。
大洲市政と市民偉い!立派です!シノハラさん感動です!
やっぱりお城のある街は一味違うな!
418048_344044832359261_105064960_n.jpg
4重4階の天守かっこいい!
話題独占!人気独占!(主に自分の中で)平成時代の天守閣!
いやー、大洲市民もコレには鼻が高かろうてと思いますよ。
643980_344047922358952_699075716_n.jpg
一応中は撮影OKという事で、天守の梁。
ほぼ木組みではありますが、要所々の釘一本にしても、
「和釘」と言われる古来の製法で鍛えられた物を使用しているそうです。
その耐久年数は冗談抜きで1000年とか。
何で1000年耐える事が解るかと言うと、
東大寺とかと同じ釘だから。すげぇ。
546916_344057709024640_1224934819_n.jpg
天守閣から肱川を望む。鵜飼いで有名ですね。
546776_344058659024545_1007440037_n.jpg
ここ、大洲は「伊予の小京都」と言われるくらい、
古き良き街並みを残し、また、こうした自然と調和した
風光明媚な場所です。
308066_344058869024524_2109324757_n.jpg
明治期に銀行として作られた建物「おおず赤煉瓦館」
267759_344060689024342_1201165122_n.jpg
「ポコペン横丁」主に日曜日に出店とかあるみたいですよ、いいですな!
近所にこういうのあったら昼間っから飲んだくれそうですね、吾輩。
家の近所にもこういう屋台街みたいなの有ったら良いな!
屋台は良いよね、台湾とか行ってみたいなぁ。
76237_344061349024276_398012596_n.jpg
ドラマ「おはなはん」の舞台にもなった「おはなはん通り」
向かって右が武家屋敷、左が商家。
水路の水が綺麗だなとか思って眺めていたら、鯉が跳ねて水かぶった。
昔、道後もこんな感じで水路が廻っていたような記憶が有るんですけどね?
579393_344008779029533_1113997788_n.jpg
ミシュランでも話題独占、人気独占(?)臥龍山荘からの肱川の眺めです。
その数奇屋の創意工夫には脱帽でした。
シノハラさんもまだまだ物を見る目が未熟であると思いました。
いやー、シノハラさんも、将来一丁こういう庵を結びたいものでやんすねぇ。
183915_344063175690760_231874201_n.jpg
とか考えながら土産を担いでお家に帰りました。
で、母が言うにはシノハラさんの母方の曽祖父が一時期大洲で仕事をしていて
暮らしていたこともあったそうです。はぁ、それは知らなかった。
曽祖父良い所に住んでいらしたんですな。臥龍山荘とかも見物したかもしれませんね。

以上、シノハラさんの大洲日帰りの旅。
大洲の町は商店街もなんだか古き良き時代の看板が沢山残されて、良い雰囲気でしたねー。
流石は伊予の小京都ですな。大洲も一度泊りがけで観光してみたいなぁ・・・。
皆さんも、機会があれば是非大洲を訪れて、
大洲城天守閣や町並み、臥龍山荘を見学してみて下さい。
ほんと良かったですよー。



・・・名門「伊達家」の宇和島城にも行かねばですねー。

posted by ジローシノハラ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59643251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック