2023年07月25日

シノハラさんあっちこっち

358067669_6248902978540054_1436826625252182272_n.jpg
「清流の里ひじかわ」で肱川ラーメンに舌鼓。
最近は木漏れ日の中の肱川沿いをドライブするのが好きです。

日を変えて・・・
361620662_6297586723671679_2425902319026403843_n.jpg

361924430_6297586720338346_528670968170823194_n.jpg
讃岐「上杉食品」口当たりと喉越しがかつてなく良い一杯。

361607633_6297822290314789_7990379528061827541_n.jpg
讃岐「がもううどん」相変わらず良い味してる。

360116739_6298720276891657_3780263572225135172_n.jpg

362242638_6298725050224513_8232942235538284898_n.jpg
讃岐「白峯寺」崇徳上皇と西行法師を訪ねて。


夏休みも始まって、皆様夏のレジャーへお出かけの季節ですが、
水の事故、山の事故、交通事故、お互い気をつけましょうね。
楽しい気持ちでついはしゃいじゃったりする気持ちもよくわかりますが、
適度に休憩をはさんでクールダウンも大切、シノハラさんとの約束だ!
posted by ジローシノハラ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年07月05日

今日の午前中

胸にズキンと大きな痛みが・・・
何やら呼吸も苦しく・・・
「あぁ、僕はここまでなのだな・・・
亡骸は、春になるとタンポポの花咲くあぜ道の脇にでも埋めてほしいにゃん・・・」
なんて思っていたのですが、
よく考えてみるに昨日山登って竹藪バッサバッサ切って、
山からかついでドカドカ下ろしてたじゃんな。
歳をとってから実感する、時間差で来る筋肉痛のそれですな。
やーしかし、私も歳をとったという事ですなータハハー

昨今は人工知能やら何やら言うちょりますが、
まずは四肢のカートリッジ化、強化サイボーグ化を望んでやまぬシノハラさんです。
いつになったらメーテルは私を迎えに来てくれるのだろう・・・。
posted by ジローシノハラ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年07月04日

シノハラ山のジローさん

ビール飲んでねんねして・・・
そんな暮らし・・・送りたい・・・

つい先月までは、シノハラ山の竹藪はそれなりに綺麗に管理され、
日差しも差し込む良い竹藪でしたが・・・
ほんのしばらく見ないうちに藪で覆われ立ち入る事すら困難な状態に・・・
竹藪は山から下りよう下りようとしてくる・・・
山道もすっかり竹藪で覆われてほとほと困っています。自然、強い。

近年、山の植物の成長スピードが速くなってきている気がするのは、
自分が歳をとったからそう感じるのかなぁ?
モリモリモリモリ大きくなる森、聞きなれない動物の鳴き声と足音・・・
それらを重機も無しに開拓してきた先祖たちは、
本当にすごいなぁと心から思う。
posted by ジローシノハラ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年06月29日

バスクチーズケーキ

なるものを食べてみたい私、買って来た。
356655241_6226375437459475_5078133617921292070_n.jpg
ODEON食堂とカフェは「松山バスクチ」
チーズの風味がしっとり濃厚・・・それからレモン?のさわやかな風が駆け抜けてほっぺたが落っこちた。
最初手づかみで一口齧って食べたけど、もったいなくて後からお皿とフォーク出して食べた。
よーし、次また行く時はカフェも利用してみたいぞ、モーニングかランチ試してみるぞー。


posted by ジローシノハラ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年06月20日

シノハラさんあっちこっち

しまなみ海道を渡って因島行ったよ
353842228_6180327328730953_8102491166206809665_n.jpg
因島水軍城
正直なところ、こんな模擬天守など何の期待も無く、
まぁせっかく来たのだから冷やかすつもりで・・・
くらいに思っていましたが

すんませんっしたー(土下座)

展示物がものすごく良かったです。
特にシノハラさん感動したのが大塔宮の令旨。
他、雑賀衆の兜が凝った意匠で、
やっぱりあの辺は堺とつながりがあったから開明的だったんだろうなぁとか、
鎌倉〜南北朝の刀剣は重ねが厚くて凶悪だなぁ、
でももうあの頃の刀剣は一般人が所有するのは難しいからすごいなぁ、
景光とか大楠公の佩刀と一緒だすごーいとか。
時が経つのを忘れるほどに楽しかったです。
353681877_6180327645397588_7212445952871009684_n.jpg

352233894_6180328098730876_8285747219092428051_n.jpg
因島水軍城・・・思いのほかよかった・・・

その後、島をぐるーっと一周しながら立ち寄ったのは
因島お好み焼き「大出たばこ店」
シノハラさんが子供の頃、
こんな雰囲気の民家と雑貨屋とかと食堂が一緒になった感じの店あったあったー
とか、ほっこりする。
讃岐のうどん屋とかが妙に懐かしく感じるのも、こんな感じだからなのだろうな。
354253400_6180643282032691_4128966686351167168_n.jpg
キャベツと卵がふわっふわで、
うどん玉はもっちり、生地はパリッとしていてほっぺた落ちた。
地元のご近所の方であろう人達もひっきりになしに持ち帰りしていて、
まぁ、食べ物屋はわかりやすいよね、正直よね。
因島にはお好み焼き屋さんがほかにも多数あり、色々食べ歩いてみたいなと思いました。
因島のお好み焼き、皆様も是非、お城の展示物も是非。
シノハラさんも、また是非訪れたいですな。
354582190_6181146951982324_166566528964766147_n.jpg
帰りに隣の生口島に寄ってレモンケーキをお土産に買う。
生口島も、いずれじっくり観光したいです。
そんなシノハラさんのしまなみ海道ドライブの一幕。

ある日のシコちゅう(四国中央市)ドライブ。
352706729_6195132340583785_739221162547759203_n.jpg
遠くに見えるアレが製紙工場群だ。

なんかずーっとここ8年くらい前かなぁ?
11号線沿いに「うどんロケット」なる店が出来てから気にはなっていたものの、
この辺通るのってだいたい讃岐うどん腹いっぱい食べた帰りに通るので
どうにも立ち寄る気がおきなかったのですが、
この度意を決してやってまいりました「うどんロケット」
事前調査をしてみるに「焼きうどん」が名物との事
355324691_6195129043917448_6512900144780555791_n.jpg
アツアツの鉄鍋で供される焼うどんは見た目にも嬉しくなる。
具材の肉とキャベツだけでなく、イカが入っているのも「わかってるぅ」って感じで嬉しい。
もとは焼うどんにしてしまうのは勿体無い程の手打ちのうどんを炒めただけあって、
香ばしくも中はむっちりしていて、ある意味とても贅沢な焼きうどんなのではなかろうか。

手打ちのうどんで「かけ」「かまあげ」「ぶっかけ」「生醤油」以外の
わりとこういうの邪道とか思っている節は今でもありますが、
何事も試してみると面白い物なのだなぁと認識を改めちゃったね、シノハラさん、うん。
またいずれ立ち寄って、今度は普通のうどんを食べてみたいです。

・・・はぁ、もっと一度にたくさん食べられる頑丈な胃腸が欲しい。
と、自分の体の衰えと、変わらぬ食い意地の狭間を嘆くシノハラさんの一日なのでした。

352408498_6194850950611924_5862049322451304489_n.jpg
ねーねーアレ欲しぃー、買って買ってぇー。
posted by ジローシノハラ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年06月10日

八幡浜の

昔ながらの魚肉ソーセージに小麦粉玉子パン粉つけてカツにしたらめっぽう美味い。
個人的にカツにするならジャコカツより好きかも・・・なんて言ったらいいんだコレ?
ギョニソカツ?
posted by ジローシノハラ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年06月09日

梅雨の貴重な晴れ間を縫って

国道378号線をドライブだー。
途中紫陽花が綺麗に咲いていましたよ、週明け頃が一番見ごろかもですねー。
352919586_6155192357911117_2702357951629925455_n.jpg

352736014_6155192354577784_2891869670589474481_n.jpg
めんこいですね。

352418704_6154907514606268_2228140989982757165_n.jpg
そんなこんなで八幡浜は「パンメゾン」
352095788_6154908534606166_5212472646248551873_n.jpg
塩パン買って来た。おいしいよ。

あと

352785345_6154908907939462_2659729423243616542_n.jpg
八幡浜行ったらいつもはじゃこ天、じゃこカツ、変わり種のちくわ買ってばかりですが、
今日は魚肉ソーセージ等を購入。
早速昔ながらの?魚肉ソーセージ食べてみたのですがコレ・・・

滅茶苦茶お酒に合うやつ〜

食感は今時の魚肉ソーセージのイメージと比較するとポソっととした感じ、
恐らく保存性での事でしょっぱめの味付け・・・
そして口に入れた瞬間から魚の香りと旨味が!
一本まるっとスッピンで食べましたけど、
焙ったらもっと美味いのはそうしなくてもわかる味わい。
コレも気に入ったなー。
何か薄切りにして茶漬けにして良さそうだし、
適当に野菜炒めに放り込んでも美味しそうだし、
自家製ピザに乗っけても美味しそう・・・きっとこれはチーズにも合う。
・・・はっ、これマイルドなアンチョビやらオイルサーディンって事か。
そういう使い方もコレ良さそうだなぁ。
四国の美味しい物、可能性は無限大。
いいなー、ギョニソー気に入ったー。

ギョニソーと言えば・・・
さくら水産(良心的な価格の居酒屋)でベロベロになるの好きだったなー、昔。
posted by ジローシノハラ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年05月30日

梅の木

何か上にも横にもぐんぐん伸びて、
木の上に生っている沢山の綺麗な梅の実を見上げる私、
猿蟹合戦の蟹。

いつも「可愛い可愛い、綺麗綺麗」って声かけてるからか、
褒め伸び率がどえらい事になっている気が。
今年初めに結構思い切ってバッサリ剪定したのに、
何か去年より大きくなってる気がするんだよなぁ・・・。
いつか本当に私のもとに紅天女が・・・

あと、尺取虫は飛び跳ねるという事を初めて知った。
posted by ジローシノハラ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年05月23日

塩パン

348819152_639535471407063_165443144129132543_n.jpg
ンまいっすよね。昔お土産にもらって美味しかったのを思い出し、
みなとオアシス八幡浜みなっとの中のパン屋さんが焼いたものが
レジの横に置かれていたのでつい買っちゃった。
八幡浜元祖のお店「パンメゾン」さんは、今や銀座や浅草にも店舗を構えるほど。
・・・何度も八幡浜行ってるのに、ちゃんぽんや皮ちくわの事ばっかり頭を駆け巡って、
そう言えば「パンメゾン」行った事無いんだよなぁ・・・近くはよく通るんですけど・・・。
よし・・・次回八幡浜に行く際は「塩パン」だ、「塩パン」だけを胸に八幡浜行くんだ。
一旦皮ちくわの事は心に留め置いておくんだ・・・
posted by ジローシノハラ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年05月22日

シノハラさんがオギャーと生まれて

物心ついた時から
シノハラチンザンソーに鎮座まします(「チンザ」ンソーだけに)オリーブの木。
毎年元気に枝葉はニョキニョキ、幹はぐんぐんでっかくなれど、
花が咲いているのは一度も見た事なかったのですが、
今日ふと見上げてみるに
DSC_0256.JPG
画像はスマートフォンで猿蟹合戦の蟹状態で撮影したものだから
ピントがアレでアレなんですけど。
つぼみが!
母曰く「花咲いてるの見た事ないし、おばあちゃんも見た事ないって言ってた」ってたから
ヘタしたら70年越し、初開花!かもしれない!
このオリーブ樹齢何年ぐらいなんですかね?
昔聞いた話では、この家建売で買った後誰かが苗くれたって聞いた事ありますけど、
まぁ戦争終わって5〜6年後くらいに買った家って聞いてるから・・・やっぱ樹齢70年くらいか。
うれしいなー、すごいなー、かわいい花沢山咲いてくれたらいいなー。
なんなら実も生らないかなー、
でもオリーブはもう一本近くに同じ木がないと実が生らないって聞いた事あるから
それは期待しすぎだろうなー、でもうれしいなー。

しかし何ですね、やっぱアレですかね、昨今の異常気候・・・とかだからですかね?
それともシノハラさんがほったらかして、毎年枝葉がニョキニョキムクムクでっかくしちゃったからか・・・

いや・・・

これは、シノハラさんの愛の結実なのだ。
たとえ花咲き散ゆくのみとしても、
このオリーブの木とシノハラさんの間に愛あればこその開花なのだ。
そうにちがいない。
星の王子様と薔薇の花的な、シノハラさんとオリーブの関係なのだ。
そうにちがいない。
つまり

シノハラさん=星の王子様

そうにちがいない。(寝言
私は今日もバオバブの芽を引っこ抜いています。

でも、庭にバオバブの木が有ったらちょっと楽しそうよね、
近所迷惑かもですけど。
posted by ジローシノハラ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記