2022年08月19日

シノハラチンザンソーでつかまえて

伝染病感染者数増えて出かける気が失せるほど、
庭は手入れされ、家は修理され綺麗になり、
ポケットをたたくとビスケットが二つになる、
そんな不思議なシノハラチンザンソー。
297461935_5221481781282184_7936983240133087403_n.jpg
使わなくなった植木鉢やら棚を積み重ねて置いておくと、
子猫たちが集ってネコジャングルジムにしてしまいます。
別にいいですけど、崩れて怪我でもしたら哀れな事なので片付けました。

子猫「おじちゃんはどうちてあたいたちのたのちいばしょをとりあげちゃうの?」
私「ぼうやたち、おじちゃんにも立場、責任というものがあるんだよ。」
子猫「なんかむつかしいはなししてる」
私「わかっておくれ、おじちゃんは誰にも傷ついたり悲しい思いをしてほしくないんだ。」
子猫「むつかしいはなしわかんない、おじちゃんはいじわるでイヤなおじちゃんだ!わー!!」

・・・

そして、私は子猫たちからピーターラビットのマグレガーおじさんを見るみたいな目で、
子猫たちの一生そんな気持ちを向けられて、意地悪で恐いおじさんの認識を向けられ、
そして私は一生恨まれ、嫌われ、悪者として生きて行くのだ。
出来れば、私はライ麦畑のホールデンのような存在になりたかった・・・
別に特別小さくて愛らしい、しかし現実誰か何か手を差し伸べなくては生きて行けぬ存在に、
懐かれ愛される存在と言うわけでもなく、ただその危険な時にだけ現れ手を差し出すくらいの、
そうやって年老い死んでゆくそんな存在でありたかった・・・。
しかし現実わたしはマグレガーおじさんなのだ、
猫のミートパイにしちゃうぞこのやろ。
私が望んでそんな存在になったわけでなく、ただそうなってしまった、
人は気付けばそうなってしまう事に思い及ばなかった。
どうか子猫たちよ私を呪っておくれ、罵っておくれ、嫌っておくれ、
それがお互い不干渉となり、お互い不必要に傷つく事もなくなる。
そして・・・あぁ、どうか、いつか、許してくれ・・・

もう生きていく気力もなくなった、悲しい、
もう出家しかない、そうだ、出家しよう。
そして日本全国美食紀k・・・日本全国慰霊供養巡礼の旅に出るのだ・・・
posted by ジローシノハラ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月05日

今年度2回目

296848122_5226759570754405_6989606588113292827_n.jpg
空き家の穴をふさいだら、今度は自動車のタイヤに穴が開きましたってかワハハコヤツメってばかやろう。
・・・自分の人生いつもこんなんですよ。
もう、出家しかない、
そして美食紀k・・・
慰霊供養巡礼の旅にでるんだ・・・
posted by ジローシノハラ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月03日

犯人は黒猫

koitujyai.jpg
家の中を暴れ回って無茶苦茶にしたのはコイツ、ゆる三蔵法師。
もう、どんな猫も我が家のソファーでゴロゴロ出来なくなったのは貴様が招いた結果なのだ。
・・・そして、我が家が無茶苦茶になったのは、
猫が入り込んでもまぁいいかと放っておいた私の甘さが招いた結果でもあるのだ。
皆にとって居心地の良い場所であれば良いじゃないか、
そんな都合のいい物語を夢想した私の責任なのだ。
さらばーいとしきひびよー、もおーかえれないー(ダグラム)
・・・悲しい、出家したい。

そんなこんなで家の猫の通り道であったあろう場所はほぼ修復できた様子で、
今日は家に猫は上がり込んでいた様子もなく、縁側でタバコスパスパして
ちょっとだけ草ひいて帰って来ましたが、ほんの30分程作業しただけで
日焼けがもう痛いやら痒いやらでもんどりうっております。
これも、自身の見通しの甘さ、わきの甘さ、
自分に都合よく合わせて世界が回ってくれていると言う身勝手な解釈。
私はどうすればよかったのだろう、あの時あの場所あの人この人、
ああすればよかった・・・こうすればよかった・・・
ああしてもこうなってしまっていた・・・こうしてもああなってしまった・・・
どちらかが正しい、誰もが喜ぶ結果・・・そんな事は滅多にない幸運な選択、
どちらもつらい結果が待っている・・・そんな決断ばかり迫られてきたように思う。

やはり出家か・・・
美食紀k・・・慰霊供養巡礼の旅に出るしかないのか・・・
ketubetunohyoumei.JPG
訣別の表明
posted by ジローシノハラ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月02日

今回はちょっと私も悪かった

不用意に勝手口の戸を開けたら子猫が飛び込んできて、
外に出そうと追いかけたら箪笥の裏に潜り込んでしまい、
引っ張り出すのに小一時間かかりました、どうもジローシノハラです。
296383604_5215664628530566_3918041980310310923_n.jpg
「ほう〜ら、猫ちゃん出ておいでぇ〜」ってオクターブ高いかわいい声(40代男性)で呼んでも出てこないし、
「出てこないと食べちゃうぞぉ〜」ってオクターブ低いデスボイスでしゃべりかけても出てこない、
じゃぁどうやったかと申しますに
猫の股を棒でつんつんしたら嫌がって立ち上がる

そのまま股の間に棒を差し込んで手元を下に持ち上げる

猫が棒を伝ってスルっと落ちてくる

首根っこ捕まえる
これでなんとか事なきを得ました。
猫も死んだふりするんですね、
それとも恐怖のあまり本当に失神したのだろうか?
庭に下ろしても5秒くらい動かなかった、
それからふと我に返った様子でぴゅーっと走って行きましたとさ、
めでたしめでたし。

まぁ、いずれにせよ、
気付かず家の中に閉じ込めてしまい、
衰弱死なんて事にはならなくて良かったですけれど、
やはりどうにも最近野良猫増えたのかなぁ?と、
辟易としておりますです。
庭の木陰でドンジャラホイしてる分には別に構わないのですけどね、
どうしていいのかもうわからないです。出家だ、出家。
posted by ジローシノハラ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月29日

出家だ!出家ー!

今日も空き家に黒猫居た・・・
しかし、確認できている穴と言う穴はすべて塞いだのになぁ???
という事は自分が確認できていない穴がどこかに空いている・・・
と調べていたら、昔使ってた薪風呂の煙突の跡かなぁ?と・・・
なんか猫を追っかけてたらみるみる家が修理されてゆく・・・
不思議だ・・・狸狐ならぬ猫に化かされているのか・・・?

しかしこれで家の穴すべてをふさげば私は猫に恨まれるのだろう・・・
しかし猫を好きにさせて、家で猫達が子猫を生んだりして繁殖地になってしまうと
こんどはご町内の皆様に迷惑がかかる・・・
どちらの選択をしても私は恨まれてしまう・・・
コレはさすがに買わなくていい恨みだろう・・・
けれど何をどうしたって恨まれる・・・
先月まですべては上手く回っていたのに・・・
どうしてこうなった・・・
サビ・・・ハチワレ・・・お前たちとの日々が今は懐かしい・・・
・・・もう出家したい・・・
どうせ恨まれるなら無責任だ自分勝手だとののしられたって何も変わりやしない・・・
全てを捨ててグルメ紀k・・・慰霊供養巡礼の旅に出るんだ・・・
それしかないんだ・・・そうするべきなんだ・・・
うぅ・・・
posted by ジローシノハラ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月28日

ジローと猫と梅松論

まだシノハラさんが若かりし20代の頃、
仕事関係で楠木正成みたいな思いは沢山してきた・・・
誇大妄想だの、被害者意識だの、そんなんなら手弁当で一人でやれだの、
今の日本でそんな事は起こりえないだの・・・

そして今は・・・足利尊氏の気持ちが何となくわかって来た・・・
お互い上手くやって来たじゃない・・・こちらも譲歩してきたじゃない・・・
それ以上を求めないならこちらも何も言わないじゃない・・・
手荒な真似だってした事は無いじゃない・・・

なのに・・・

猫は今日も上がり込んで洗濯籠の中でスヤスヤしていました。
勝手口の扉の穴は塞いだので大丈夫でしたが、
水屋の壁にも小さく穴が開いていて、そこを通ってきた様子。
今日はそこも塞いできました。
どうして・・・蒔絵の箱におしっこするの・・・
掛け軸びりびりにしちゃうの・・・
手荒な事しないとわかってくれないの・・・?
ぼくにその手を汚せと言うのか

もう・・・シノハラさん


出家する!(この辺りが尊氏)


もうやだ切腹する!出家する!あとはみんなで勝手にやって!もう!
メイのバカ!もう知らない!!主上のバカ!もう知らない!!直義のバカ!もう知らない!!
自分もあの時かっこよく討ち死にしておけばよかった!
正しかったのはいつも真っ先に死んでいった奴らだった!!
この世の無責任な欲望が僕を邪道へ引きずり込もうとしてる!
もう出家だ!出家しかない!!

シノハラさんの苦悩なんて尊氏公の足元にも及ばないけれど、
分類としては同じ苦悩よねきっと。
一生のうちに六道全てなんて見るもんじゃない、気が狂う。
いつか下野國一社八幡宮にお参りに行きたいと思う。
もう八十八か所めぐりどころじゃない、日本全国慰霊供養巡礼の旅に出たい。出よう。
そして全国各地の美味しい物を・・・(ぉぃ
決してグルメ紀行ではない、巡礼の旅。
posted by ジローシノハラ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月26日

ジロー空き家戦線異状なし

続報
応急処置として手軽にビニールとダクトテープでふさいだ窓ガラスの穴、
突破されるも糞尿の害は見当たらず、再処置として窓枠にスダレをダクトテープで張り付け、
ローテーブルを固定設置。次回出動時窓枠に板をネジ釘で張り付ける予定。
尚、当該容疑者の黒猫、未だ家屋周辺を徘徊中。

奴さんは過去幾人もの人が費やし苦労した時間も、
沢山の人のそれぞれの思い出も、今を生きる私の人生の時間まで根こそぎ奪い取ろうとする・・・
それらすべて用が済めば奴さんは後ろ足で砂をかけるように去って行く・・・
そう言えば昔誰かに「大人の対応をとれ」と言われた事があった・・・
その結果がこれだ、誰かの言った無責任な「大人の対応」がこれだ・・・
戦いは不毛な物だ、しかし誰かがその手を汚して始末をつけなければ
それはいつ終わるとも知れないのだ。
話し合いで解決するなら結構な事だ、しかし奴さんはそもそも話が通じる人ではないのだ(猫)
どうしてだ・・・どうして私がここにいなければいけないんだ・・・
それは・・・ここが僕にとって特別な人たちとたくさんの時間を過ごした場所だからだ
エゴでもいい、せめて僕の生きている間はここは幸せだったその頃のあのままであって欲しいんだ。
そんな思いを無駄だと笑う人も居るだろう、ならばすべて他人にゆだねて起こるすべてを他人の責任と押し付けて生きろ、そんな事できっこないんだ。それをするなら文明文化を享受出来ない。
僕が今ここにいる理由、それは思いが全てだからだ・・・
そうか、これが業と言い、原罪と言い、すなわち・・・愛と言う物なのだ・・・
口八丁手八丁で他人を動かしたいなら生憎だ、僕を動かせるのは全て思いだけだ・・・あとはお金だけだ・・・(ぉぃ)ワタシハオカネデウゴク
私はそんなお金で動く百貨店の屋上の乗り物みたいな人間でありたい。
そしてショタやロリをその背に乗せて、何処までもこの夕日輝く荒野を行くのだ・・・
さくらちゃん乗ったら恥ずかしポポなのだ。
週に一回決まった時間に現れる
力自慢でのど自慢のびっくりどっきりおじさんなのだ。(ヤダナァ)
とか、あぁ、何を言っているんだ自分は。
まぁ、塹壕の中で考えてる事ってこんな感じなのかなぁ?とか
縁側でタバコスパスパしながらそんな事を考えていました。

あと蛇足ですが、シノハラさんタイムボカンシリーズではヤットデタマンの歌が一番好きっす。
posted by ジローシノハラ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月25日

犯人は黒猫

前回の記事の続き。
現場は観ていないですが、やはり犯人はシャムネコ体型の黒猫。
あれからしてチンザンソー行って帰ってきましたが、
やはり黒猫が居座っており、また、
今までの猫達は開けた扉から素直に出ていくのに、
黒猫はパニックを起こして暴れ回ってあっちこっち逃げ回るので、
何かシノハラさんムスカになった気分でした。

「どこへ行こうと言うのかねー」

そしてうんちとおしっこをまき散らしているだけでなく、
掛け軸にも悪戯してビリビリに・・・

本当、今まで遊びに来ていた猫達はそんな事絶対にしない子達だったのになぁ。
なので、もう猫の通り道だっただろうガラスの穴をふさぎました。
それでも家の中に上がり込んでいたらまだ穴が開いているという事ですが、
これでしばらく様子見です。溜息。

先月まではハチワレがよく遊びに来ていて、
アレは首輪はしていませんでしたが毛並みも良くて飼い猫だったのかなぁ?
縁側の扉開けて「出てお行き」って言ったら素直に従うし
何かにゃんにゃん歌いながら歩いて出て行くし、
家の中掃除してたら柱の陰から顔出してにゃんにゃんなんか話しかけてくるし。
何か終始ゴキゲンで面白い子だった。
あとサビは落ち着きが有って基本のしのし歩く子で、
別に話しかけてきたりするような子ではなかったですが、
私が掃除やらしている時はゆったり庭を散歩したり、
作業をジーっと眺めていたり、
何ともつかず離れずな居心地のいい子でしたねぇ。

・・・なのに・・・全ては終わった。

たった一匹の新参の何かよくわからない黒猫のせいで。
これからあのソファーはいつ行っても空っぽのままなのだ、嗚呼。

いったい私はどうすればよかったのだろう。
海は死にますか山は死にますか、おしえてください。
posted by ジローシノハラ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月22日

紳士協定破られる

今朝シノハラチンザンソー(空き家)の掃除に行っていました。
たいていいつも勝手口の扉の割れたガラスの所から猫達が出たり入ったりしている様子で、
私が玄関から入って応接間まで行くと、ソファーで猫が寝っ転がっています。
まぁ、それくらいの事、猫も私を見ると勝手知ったる様子で開けた玄関からのしのし出て行き、
ソファーは毛だらけになりますが、まぁ別に私も掃除のついでなので
特に追い回したり意地悪する事もなく、
何となく猫達との良い距離感がここ数年続いていました。

しかし、今日は様子が違い、
初めて見かける体系はシャムネコ?っぽい黒い猫がいて、
おそらくその猫であろううんちとおしっこが家中にまき散らされ
今日は庭の手入れも出来ず、ずっと家の中を掃除していました、けどまだ臭い・・・。
なので、もう勝手口の穴も塞がなければなりますまい。と言うお話。

うちの周りをウロウロしているのは、
サビトラ、ハチワレ(一番かわいい)、
白、白ブチ、三毛これくらいがいつものメンツでしたが、
流石に家の中にうんちやおしっこをまき散らす事は無かった・・・
なのに、たった一匹のバカ黒猫(おそらく)のせいで、
私も嫌な思いと手間がかかってしまったし、
彼らも私から疑いの目を向けられ締め出される事となった。
今はもう昔の良い距離感、つかず離れずな関係だった頃だけが懐かしい・・・。
それをたった一匹がすべてを台無しにしてしまった・・・。
・・・って、人間にもいるよね、なんかこういう人。

子供の頃、いや、今もですが、
なんかやけに猫を嫌う人とか居て「なにもそこまでなぁ?」なんて
思っていましたが、ようやくちょっとだけその気持ち、
わかるようになりました。

返す返す残念だ、すべてはいい具合に収まっていたのに・・・
あの関係は、もう二度と戻る事は無いのだろう・・・
posted by ジローシノハラ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月21日

昨日買ってきた日本酒

「桂月」超辛口 特別純米酒ですけれど、
口にすると爽やかな酸味と初夏の風を思わせる香、
次いで米の旨味が広がってからほんのり苦みが通って切れる美味しいお酒だった。
コップでアテ無しでもゴクゴク飲みたい私みたいな人にはバッチグーですバッチグー!?
いや、なんかあの芳醇でチューって飲む感じのお酒も好きですけどね、うん。
やっぱり土佐の日本酒は好きだなぁ。
次高知行くとしたら佐川町で「司牡丹」買いに行ってみようかなって思いました。


posted by ジローシノハラ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記